読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。日本人テニスプレイヤーも応援中!

息子がテニスを始めまして

f:id:irimichidesu:20161019223622j:plain

きっかけ

小3になった息子のSHUNは少年野球チームの体験に参加し、野球やる気満々でした。

シュンが幼い頃からバットとグローブを持たせて一緒に遊び、親子での野球ライフに向けた準備は万端でした。

(そう、あの頃までは・・・)

事件はある日突然やってくるのです。

仕事を終えて帰宅すると、ちぇいすが突然

 

「テニスもやってみたい」

 

 

テ、テニスだと???

 

寝耳に水とはこのことですよ。

私の心の中では厚切りジェイソンが叫んでいます。

 

Why tennis !?  Why yellow ball !?

 

f:id:irimichidesu:20161019222451j:plain

 

実はご近所さんのパパさんやママさんはテニス経験者が多く、プロの一歩手前まで行ったママさんもいたりして、テニスが身近にありました。

あるパパさんがシュンとテニスで一緒に遊んでくれたそうです。

余計なことをしてくれたもんだ

 

楽しかったのでしょう、たくさん褒められたのでしょう。

私と野球やるときは厳しい指導が入り、時には怒鳴られていました。

 

きっと野球は楽しくなかったんだよね

 

テニス体験

うちはテニス環境が整ってい方だと思います。

自転車で10分圏内に3つもテニスクラブがあります。

各クラブのHPを見てみると、あるクラブのキャンペーンが目に止まりました。

 

今ならお子様の体験レッスン無料!

今月入会すると入会金無料!ラケットプレゼント!

今月限定!

 

毎月やっているのですがね

 

SHUN、体験レッスンを受けました。

コーチ(兼営業)からは褒めちぎられ、ノリノリのSHUN

 

右投げ左打ち育成のたまもの

「初めてなのにバックハンドが様になっていますね」とコーチ。

当然、野球脳の私はフォアはおろかバックハンドなんて言葉知りません。

 

「バックハンドって何ですか?」

「利き腕(SHUNは右利き)の反対側で打つことです」

「普通、初心者はバックハンドでボールをうまく当てられないんですが」

「何かされてましたか?」

 

「あっ!」

 

SHUNは私が手塩に育ててきた右投げ左打ちバッターなのです。

そう、野球の左打ちは右利きのバックハンドと似ています。

イチローのようにと育成してきた右投げ左打ちスタイルが、まさかテニスで役立つとは思いもよりませんでした。

 

f:id:irimichidesu:20161019223136j:plain

 

運命の選択

テニスの体験レッスンに行った日から一週間後、ついに運命の日がやってきます。

あえてテニス体験のほとぼりが冷めるのを待ちました。

「野球とテニスどっちが楽しかった?」

「どっちもすごく楽しかった」

おっ、これは

「じゃあ、どっちやりたい?」

 

「テニス」

 

即答

まあ当然の結果ですよ

 

テニスやっている時の君は輝いていましたから

 

気遣いが心に沁みる

後日、SHUNはママにこう言ったそうです。

 

「パパ、本当は僕に野球やってほしかったんだよね」

「これからは遊びで一緒に野球やってあげるよ」

 

それをママから聞いた時は号泣ですよ(心の中で)

きっとSHUNなりの心遣いだったのでしょう。

SHUNは今、小学校のクラブ活動でソフトボールクラブに入っています。

 

やはり私に気を遣っているのでしょうかねえ。

優しい子ですよ、SHUN

 

同情するなら野球やれ!

同情するなら野球やれ!

 

f:id:irimichidesu:20161019224726j:plain

 

 

 

かくして

テニスド素人の野球脳パパとSHUNのテニスライフがスタートしました

 

f:id:irimichidesu:20161020130557g:plain

広告を非表示にする