野球脳パパのジュニアテニスブログ

10歳の息子のジュニアテニス生活を綴るブログ

初心者大会やビギナー大会には要注意

f:id:irimichidesu:20170104021218j:plain

 

レゴは9歳なので、10歳以下や小学4年以下の大会に出場しています。

テニスクラブや団体が主催している非公式の大会です。

グリーンボールでの大会が中心となりますが、たまにオレンジボールやイエローボールの大会にも出ています。

なるべく初心者向けやビギナー向けと記載のある大会を選んでいます。

レゴはテニス歴1年半ですが、実戦経験はまだ3ヶ月くらいなので対象になると思っています。

 

だいたい大会要綱にはこのように記載されています。

 

テニスの試合経験が少なく、これからたくさん試合経験をつみたいジュニアが対象です

 

ゲーム方式

だいたいの小学生以下のジュニアの非公式大会では、4人1組で総当りの予選リーグを行い、その後に順位別にトーナメントを行う形式となります。

最低4試合くらいはできるようになっています。

サービスゲームに関わらず4ゲーム先取あるいは6ゲーム先取の試合が一般的です。

たまにタイブレークを採用している大会もありますが、10歳以下では理解が難しいのでほとんどの非公式大会では採用されていません。

タイブレーク(タイブレイク)とは? | テニス初心者のための上達ナビ

 

また、ほとんどがノーアドバンテージ方式を採用しています。

通常のテニスの試合では、40-40からはデュースとなり、2ポイント連取しないとゲームを取ることができません。

しかし、ノーアドバンテージ方式では 1ポイント取った方のゲームとなります。

ただしサービス側が有利となるので、レシーバー側がサイドを選択することができます。

 

初心者という言葉に騙されるな

そこでこれからお子さんを初心者向けの大会に出場させて、試合経験を積ませたいとお考えの保護者の皆さん。

 

初心者はほとんどいないと思ってください

 

出場者の中で本当の初心者はほんのわずかです。

だいたい予選リーグに1人いるかどうかです。

あとはテニス歴3年以上でバリバリ実戦経験を積んだジュニアです。

 

本当の初心者のジュニアはだいたい予選リーグで心が折れます。

1ゲームも取れずにあっという間に負けてしまいます。

だいたい試合前のサーブ練習で速いフラットや曲がるスライスを打たれて本人は気づきます。

 レゴが初めて出た大会で私は心の中で叫びました。

 

どこが初心者向けなんだよ

 

初心者ジュニアのお子さんがいる方は

親も子も覚悟をして大会に臨んでくださいね(汗)

 

順位別トーナメントで自信を取り戻せる

 でも

f:id:irimichidesu:20170104015236p:plain

 

順位別トーナメントでは予選各グループの同じ順位同士が戦います。

各グループの最下位のジュニア、すなわち本当の初心者と試合できるわけです。

ここでようやく勝利を掴むことができるようになります。

たとえ勝てなくても同レベルの接戦した試合を経験できます。

 

ここでの経験が自信につながっていき、次の大会への参加意欲が出てきます。