読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。日本人テニスプレイヤーも応援中!

苦しんでいます

SHUNの苦悩の日々が続いています。

イエローボールへの対応に苦慮していることに加え、最近身体が成長してきて自分の思った以上にパワーが出てしまうようです。
その結果、ボールが全然入ってくれない。

そんな状況の中、土曜は他県の小学生ビギナー大会に参加。
もはやビギナーはいないのは当然なのですが。
県大会ベスト4以内の子はご遠慮くださいとのこと。
じゃあベスト8はいいということか

いやいや本選レベルはビギナーじゃないだろ!

 

参加人数は小学生52人。
4人のリーグ戦後に順位別トーナメント。

初戦は4年生。
うちの県の大会にもよく遠征に来る子でU10ではかなり強い。
それでもそこそこはがんばれるだろうと思っていたら・・・

ロブを連発
そして浅い(ToT)

ボールが収まらなくなってまったSHUNが出した戦法。
相手にチャンスボールを差し出しているようなもの。
そして気迫が全くない。

1-4で負け。

試合後、今日はミスをたくさんして負けてもいいからしっかり打とうという方針に決定。

 

2戦目は6年生。
後で調べたら今年の県小でベスト8の子。

これがどこのビギナーなんだよ!

瞬殺

このレベルになると少しでも浅く入ると打ち込まれてしまう。
SHUNのゆるゆるセカンドサーブなんかはほとんどリターンエース。
最初は1ポイントも取れないかと思ったけど、相手のDFなどもありなんとか1ゲームは取れた。

1-4で完敗。

この時点でSHUNのメンタルはかなりやられてしまっています。
2試合とも後半は泣きながらやってました。

 

3戦目は本当の本当のビギナーの子。
4-0で勝利。
少しメンタルが復活。

 

3位トーナメントへ。
このくらいのレベルがちょうどいい練習になるかなあと思っていたところ、対戦相手は見慣れた名前が。
12月でボロ負けし、3月でリベンジを果たした子。
本当にご縁がありますなあ(笑)

これまではグリーンボールでの試合だったので過去の戦績は参考程度。
この県の子達は低学年でもイエローが主体なので、今回が本来の実力。
どんな戦いになるのか楽しみでした。

第1ゲーム、SHUNのサービスもブレイクされる。
強いスピンをかけられてSHUNはバウンドに対応できていない。
それでもこの子はミスも結構あるので、まだまだこれからと思っていると

あれっ、泣いてない?
えー、なんで泣いてるの?

SHUNが泣き始めています。
顔がずっと下に向いています。

なぜだー!

泣きながらもがんばって喰いついていましたが
2-4で惨敗。

泣いた理由は
「この前勝ったのに、いきなりブレイクされたから」

 

イエローボールになり自分の思い通りのプレイができていない。
U10での県トップクラスの子やU12の県本選レベルの子に叩きのめされてしまう。
こうしたことが積み重なり、さらに勝てていた相手にも負けそうになって、一気に感情が押しつぶされてしまったのでしょう。

たぶん当分はこの状況が続いていくと思います。
なんとか乗り切ってほしい。

その先に成長があるぞ、SHUN!

 

GO GO SHUN!

広告を非表示にする