読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。日本人テニスプレイヤーも応援中!

少し自信回復

海外出張から帰国しました。
飛行機が大っ嫌いなので、海外出張は本当に嫌なんです。
なんであんな大きな鉄の塊が飛ぶのかいまだに信じられません。

 

私が出張している間、SHUNは自主トレと自主練はやっていたようで感心感心。
ただ自信喪失状態は変わらずで、土曜のレッスンを見に行ったら全く覇気がなく、弱気なテニスが全面に出ています。

これはまずい (-_-;)

 

そんな状態の中、GW最終日の日曜は他県のクラブ主催の大会に参加。
GWでなまった身体と試合勘を戻すのが目的。

SHUNは小学生高学年の部にエントリー。
会場行って気づいたのですが、なんとグリーンボール!
きちんと大会要項を読んでいなかった私。
高学年だと当然イエローボールだと思うじゃないですか・・・

「グリーンボールの感覚忘れたよ」
「弾まないから嫌だなー」

弾むイエローボールの対応に苦慮している奴の言葉とは思えません。
まあ、後から考えるとグリーンで良かったのですが。

 

8人が4人ずつ2グループに分かれてリーグ戦。
そして両グループの1、2位で決勝リーグ。
4ゲーム先取、アドバンテージあり。

 

予選リーグの初戦
グリーンの感覚をつかむのに苦労している様子。
ようやく感覚が戻りラリーが続くようになる。
ここで今までにはなかったショットが出る。

フォアハンドのスライス

4月にボコボコにされ続けて自分に必要だと練習してきたショット。
チェンジオブペースで相手のタイミングをずらすことに成功。
初戦をものにします。

 

予選リーグ2戦目
相手はなんと身長170cm
これで5年生だというから恐ろしい。
大人顔負けのファーストサーブは絶対にリターンできません。
でもショットの精度は低いのでチャンスはある。

この試合でSHUNの成長が見られました。
最初、相手のサービスゲームで圧倒されるも、落ち着いている。
SHUNの持ち味の低くて速いストローク
そしてチャンスボールがきたら強いショットを打ち込んでいく。
久しぶりに攻撃的なテニスが出ました。

ゲームカウント3-3で相手のサービスゲーム
相手にプレッシャーがかかり4連続DFで終了。

この一戦が大きかったです。

 

気が抜けたのか次の試合は凡ミスが続いて落とします。
このあたりがまだまだですね~

決勝リーグに進出し、また攻撃的テニスを続けるSHUN。
1、2戦目をしっかり勝利。

決勝リーグの3戦目。
相手も2勝しているので事実上の決勝戦
これまたでかい!
160cm以上はありそう。
しかもショットの精度が高く、バランスが取れている。

序盤は相手のペースで進む。
でもSHUNも喰らいついていく。
ここでまたスライスを使い始める。
今度はゲームポイントなどの勝負所で使う。

結構考えているじゃないの(^^)

そしてチャンスボールは逃さず打つ。
うん、挑戦者のテニスだ。

SHUNはいつでも挑戦者でいよう

後半はSHUNが押し気味に試合を進める。
そして3-3からの第7ゲーム。
明らかに相手は弱気になっている。
さらに攻め込んで勝利!

優勝!

 

小さい大会だけど優勝は優勝ですな。
SHUNにとっては喪失した自信を取り戻すきっかけになりました。

 

久しぶりに攻めのテニスをするSHUNを見ました。
ホッとました。
このまま弱気なテニスがずっと続きそうだと思っていたので。


今回は技術面でも成長ポイントが2つ。

1. フォアハンドスライス

2. チャンスボールの強打

 

特に2はずっと課題でした。
少しずつ成長しているようです。

 

夏に向けてもっともっとがんばろう!

 

GO GO SHUN!

広告を非表示にする