野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。週1のスクール生からジュニア選手へと駆け上がっていく息子のテニスの成長過程を、ジュニアの親としての悩みを交えながら記録していきます。

イライラで試合を壊す

土曜日は6月の修行第4弾でした。

 

先日の投稿でも書きましたが、

最悪の結果になりました。

 

 

またもやB県での大会に参加。

参加人数が60名と草トーナメントにしてはかなり大きい大会です。

そこそこレベルも高く、B県ランキング上位者もかなり参加しています。

 

6月の修行は4大会中3大会がB県。

おかげさまでB県の有力選手は結構分析できました(笑)

SHUNが所属しているA県では6月に適当な大会がなかったので仕方がない。

 

 

まずは4人での予選リーグ。

4ゲーム先取のノーアド。

 

1試合目はB県ランキングで30位以内くらいの子。

普段のテニスをすれば勝てる相手なのですが・・・

 

先週の大会からなのですがサーブが全然入らない!

この試合では1stサービスの成功率20%という数値を叩き出しました。

これまた相手も入らない。

よくある朝一の試合でのブレイク合戦で1-1。

 

3ゲーム目、SHUNのサービス。

DFを2回しながらも40-40。

そしてこのゲーム3回目のDFを犯しブレイクされる。

 

出ました!

イラSHUNのお出ましです!

次のゲームはリターンミスを連発。

その次のサービスゲームはDF連発。

 

1-4で終了・・・

 

この日はこの試合がすべてでした。

 

勝手に自分でイライラして試合を壊したのに試合後泣いてるし。

 

さすがにかける言葉もなかったですね。

 

 

すぐに2試合目。

B県ランキング10位に入る子。

ドロー見た時にこの子とどのくらい戦かえるか楽しみにしてたのですがねえ。

 

無気力試合であっという間に0-4で終了です。

 

相手の子はB県でも有名なシコラーだったのですが、

シコられもせず、バシッと決められる。

もはやこんな相手にシコる必要はないですな。

 

 

3試合目は低学年の子。

本人もさすがにこれで負けたらヤバいと思ったのか、

4-0で勝ってきました。

全然動けてませんでしたが。

 

 

結局3位トーナメントへ。

悪くても2位トーナメントだと思っていたのですが・・・

 

 

しっかりラケット振ってこい!

 

SHUNにはこの一言だけ声をかけました。

 

これ以上情けない試合をするな!

私は目で訴えていました。

 

一応伝わったようです。

決勝までの4試合、ゲームを失うことなく完勝。

ここにいるようなレベルではないので当然なのですが。

それでもしっかり勝てたことは評価に値します。

 

サーブは相変わらずでしたが、

最近苦手意識を持っているフォアのストロークをしっかりライン内側におさめて打てていたのが本日の収穫でした。

 

 

SHUNはちょっとしたことでイライラを発生させます。

これは小学生ならよくあることだと思うのですが、

SHUNの場合はその後修正することができずに試合を壊してしまいます。

1ゲーム失うくらいならいいのですが・・・

 

観ているこちらはいつイライラが発生するか気が気でなりません。

 

これは日常生活にも見られることなのです。

 

普段から少しづつ改善していくしかないですね。

 

 

修行月間はいい形で終えることができませんでしたが、

いろんな課題が見えてきました。

 

夏休みの公式戦に向けて

しっかり練習に取り組んでいこう!

 

 

GO GO SHUN!

広告を非表示にする