野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。日本人テニスプレイヤーも応援中!

リターン

SHUNは夏休みに突入しました。

最近思うのですが、夏休みって何であるんだろうかと。

暑くて学校では勉強ができないからという理由なのかなと思うのですが。

最近の学校は冷房があるので夏休みは必要ないんじゃないかと思うのです。

あってもいいけど40日はいらないかと。

2週間くらいでいいのではと思います。

夏休みを短くすることを検討している自治体も出ているようですね。

 

 

さて、夏休み突入後の第1弾は某クラブ主催のトーナメント。

夏休みの公式戦に向けた調整を兼ねているのか、ランキング上位の子も出てきています。

一応、初心者向けってなっているのですが・・・

どこを探しても初心者なんていませんね(笑)

この大会に限らずですが、初心者の定義をもう一度考えた方がいいと思います。

 

 

1Rは他県の学年1つ下の子。

サーブはそこそこ決まっています。

絶不調からは抜け出せたようです。

 

ただ、サーブのリターンがひどい。

このクラブのサーフェス(ハード)はボールが滑ってくるような感じでSHUNは苦手としているのですが。

それにしてもひどい。

もうサーフェスの問題じゃない。

 

力で押し切って勝利するも、なんだかすっきりしない勝ち方です。

 

 

2Rの相手は同世代のB県ランキングトップのO君。

SHUNが追いつかなければならない相手です。

現時点でどのくらい力の差があるのかを図るいい機会。

 

結果は0-6のストレート負け。

4ゲーム目まではSHUNも善戦していました。

全く歯が立たないという感じではありません。

ただ、重要なところでポイントが取らせてもらえません。

 

アプローチショットが上手い!

SHUNは綺麗にボレーを決められていました。

いい勉強になりました。

 

それにしてもリターンミスがあまりにも多い。

この試合は10個のリターンミスがありました。

相手のサービスゲームは3ゲームしかないのでかなりの確率です。

リターンが入らないと試合になりません。

 

リターンミスの多さは今に始まったことじゃなく、イエローボールに切り替えてからずっと課題でした。

未熟なところは多々あるのですが、大きな原因の1つはストロークと同じ振り方をしてしまっていることでしょうか。

これによってバックアウトを多発しています。

もう少しコンパクトにできるといいんだけどなー。

 

クラブのレッスンではあまりリターンの練習はしていないようです。

この前レッスンを観に行ったら、最後のマッチ練でやはりリターンミスを連発していました。

コーチには何度か伝えてはいるのですが・・・

自主練でも重点的に取り組んでいこうと思います。

 

この他にもいろんな課題が出てきました。

SHUNの課題を浮き彫りにしてくれたO君に感謝です。

 

 

SHUN

やるべきことはたくさんあるよ!

 

 

GO GO SHUN!

広告を非表示にする