野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。週1のスクール生からジュニア選手へと駆け上がっていく息子のテニスの成長過程を、ジュニアの親としての悩みを交えながら記録していきます。

迷走

公認大会デビュー後、2つの草大会に出ましたが内容は散々でした。

 

SHUNの強みであった思いっきりの良いプレーは全く影を潜めています。

力のない安全なストロークを繰り返し、そこじゃないだろというタイミングでドロップを打ったりと、弱気なプレーが目立ちました。

 

さらにスライスを多用するようになりました。

バックハンドスライスなんかはものすごーく下手っぴです。

スライスとドロップが混ざったようなボールになり、その浅い浮き球は相手にとっては絶好のチャンスボールになってしまっています。

コーチからは「スライスばかりに頼るようになるとテニスは上達しなくなるよ」と言われる始末。

 

 

唯一良かった点としては、今まで一度も勝てなかった所属クラブの選抜クラスの同学年の子に勝ったことです。

この試合だけは目の色を変えて必死にやっていました。

 

それ以外の試合は、確実に勝てそうな相手にあっさり負けたと思ったら、格上の子に勝ってしまったりと、不安定な試合が続いています。

 

 

おそらくSHUNの頭の中はぐちゃぐちゃでしょう。

かなり迷走していると思います。

これまで練習で覚えてきたテクニック、たくさんの試合経験、そして勝たなければならないという気持ちが入り混じっているのだと思います。

 

そこで、勝たなければならないというプレッシャーを消してあげようと思います。

周りからというよりも、自らプレッシャーをかけているような感じ。

ノビノビとミスを恐れずにテニスができる雰囲気を作っていこうと思います。

 

他の子よりも圧倒的に経験が浅く、いろんな基本を身につけている最中。

萎縮してしまっては身につくものも身につきません。

 

ちょうどこれから合宿もあるので、思いっきりの良いテニスを取り戻してきてくれればいいなー

 

 

GO GO SHUN!