野球脳パパのジュニアテニスブログ

野球一筋で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴るブログです。週1のスクール生からジュニア選手へと駆け上がっていく息子のテニスの成長過程を、ジュニアの親としての悩みを交えながら記録していきます。

不安になりました

USオープン

いつの間にか終わっていました。

 

世界中のナダルファンは歓喜したことでしょう。

 

でもね

こんなにワクワク感がなかったグランドスラムは今までになかったかも。

 

錦織がいない。

ジョコビッチ、マレー、ワウリンカがいない。

期待していたズベレフ弟とティエムもいまいち。

 

そしてドロー。

あのボトムハーフはちょっとね。

せめてフェデラーナダルは違う山にしてほしかった。

これもマレーが直前回避したからなんですけどね・・・

 

 

自分的ベストマッチは

フェデラー vs デルポトロ

 

デルポトロはドロー的に無理ゲー感ありすぎだった。

バウティスタ・アグ

ティエム

フェデラー

ナダル

 

 

錦織が出てないと日本ではほとんどニュースに出てこない。

もし錦織がこれまでのような活躍ができなくなったら

日本でテニスが話題になることがなくってしまうのではと不安になります。

 

SHUNもそうだけど、錦織に憧れてテニスを始めた小学生は多いと思う。

まさに今の小学生は黄金世代なのかもしれない。

 

それだけにこれから錦織の不調が続けば、テニスを始める子供が年々減ってしまう可能性もあるかもしれない。

 

そんなことを思いながら観ていたUSオープンでした。

 

 

来年のオーストラリアオープンでは

みんなが元気にプレーする姿が観れるといいなあ。