野球脳パパのジュニアテニスブログ

10歳の息子のジュニアテニス生活を綴るブログ

勇気をもって

「勇気をもって打て!」

 

レゴがコーチによく言われている言葉です。

 

ここのところ

試合ではアウトを恐れて強く振れていない状況が続いています。

さらに悪いことに相手のセンターにばっかり返してしまいます。

 

慎重

 

ではなく

 

臆病

 

なのかな。

 

 

これだと実力差が同じくらいの相手には勝てません。

もう単に打ち合っていればミスをしてくれるようなレベルではありませんので。

ましてや格上とやって番狂わせなんて皆無です。

何かやってくれそうな雰囲気は一切ありません。

相手からするとまったく怖くないでしょうね。

 

 

こうなった責任の一端は私にあります。
まだ基本が固まっていない段階で
試合に勝つというプレッシャーをかけていました。
反省しています。
レゴは言われたことを忠実にやろうとします。
その結果がこうなりました。

 

 

強いボールを打つ

コースを狙って打つ

これができなければこれから先はずっと勝てないでしょう。

 

今回はこちらからは口出ししないようにしようと思います。

自分で悩んで苦しんで

そしてできるようになってほしいから。

 

 

こちらも我慢

忍耐力ですね。

 

 

これを克服するためには

やはり練習を重ねるしかありません。

 

私は野球でピッチャーをしていましたが

毎日練習で投げ込んだからこそ

満塁のような苦しい状況の時でも

自信を持って勝負することこができました。

 

どんなスポーツでも

練習で身に付けた自信は裏切りません。