野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

カモンでた


スポンサーリンク

 

最近バタバタして、全然更新ができませんでした。

今年は本厄

ここまで何事もなく乗り切れると思っていましたが・・・

やっぱりありましたね。

厄除け祈願やったのにー

うーん

テンション、ダダ下がり中です↓

 

 

私の本厄など関係なく、レゴは毎日テニスに励んでいます。

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。

風邪やインフルエンザにかからないよう体調管理が重要になってきます。

 

 

公式戦初勝利後、2Rはあっさり負けました。

しかしこの試合で大きな変化がありました。

 

ついに

 

カモン

 

出ました。

 

 

正確に言うと

カモーーーン

です。

 

スタンダードな言い方は

カモンっ!

だと思います。

 

なぜかレゴは伸ばす。

どちらかと言うと

カモーーー

って聞こえる(笑)

 

 

なぜいきなりカモー(カモン)を言うようになったのか?

 

対戦相手の1Rを観たとき、カモンを連発していた。

このままでは自分との対戦でもカモンを言われる。

だったら

自分が先にカモンを言っちゃえば 相手は言わないかも。

 

とのことでした。

 

 

実際、競っていた序盤はレゴのカモン数に比べて相手のカモン数は少なかったかも。

主導権を握られた後半は相手にカモン連発されてましたが。

自分がカモンする場面が少ないので仕方がない。

 

 

カモンには賛否両論あると思います。

ウィナーをとった時や勝負所でのカモンは、自分を鼓舞するためにも必要だと思っています。

しかし、むやみにカモンを連呼するのは良くないです。

特に相手のイージーミスでポイントが入った時のカモンは絶対ダメ。

DFでカモンする子もいます。これは問題外。

 

レゴもそれはわかっています。

そしてカモンを言わない相手には、なるべく自分も言わないとのこと。

 

これまでカモンを連呼する相手にイライラしたり気持ちで負けてしまうことが多かったレゴが考えた作戦が今回のカモン作戦。

自分で色々考えていることは評価したいと思います。