野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

気持ちが切れてる


スポンサーリンク

 

先週末、レゴは久しぶりにスクスクに出場。

復帰後、自信をつけてもらいたいと思ってエントリーしたのですが・・・

 

散々な結果でした。

でもコンソレで1勝できたのが救いだったかな。

ようやく今年初勝利😅

 

 

テニス自体はだんだん戻りつつあります。

でも思った以上に試合勘が戻ってない。

前の試合ではテニス感の鈍さや身体の状態に気をとられていたけど、そういうのが戻ってきてる分、今度は試合勘の鈍さが目立つようになりました。

 

戦い方というのをすっかり忘れている感じです。

終始単調なプレー。

ポジションニングができていない。

仕掛け所のタイミングがめちゃくちゃ。

スプリットステップすら全然できてないし。

試合中の動作や間合いの取り方など、すべてにおいて初心者みたくなっている。

 

 

そしてもっと深刻なことに気づいてしまいました。

どうも闘争心というか試合に臨む気持ちが怪我で切れてしまったままになっているみたいです。

試合に気持ちが全然入っていけていない。

集中できていない。

勝ちたいという姿勢が見られない。

レゴはいつも通りだと言うけどいつも観ている私からは明らかに違う。

気持ちが入っていないことに、本人はあまり自覚していないのでしょうね。

 

レゴが怪我した時の記事で、子供は怪我で一度テニスから遠ざかってしまうと気持ちが切れることがあるというコメントを頂きましたが、まさにそのような状況になってしまいました。

レゴは誰よりも試合をするのが好きだったので、まさかこんなことになるとは予想もつかなかったです。

 

これについては毎日の練習や試合を通じて気持ちを高めていってほしい。

そしてこちらもできることをやっていく。

レゴの気持ちが上がっていくようにポジティブな会話を心がけていこう。

ちょうど全豪オープンも開催中だし、世界のトップ選手や日本人選手の試合を観るのもいいね。

杉田・ソック戦は熱い気持ちを取り戻すのにちょうどいい。

 

 

早くテニスに対する熱い想いを呼び覚ましてくれよー🔥