野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

スタート地点


スポンサーリンク

 

レゴの県ジュニアのシングルスが終了しました。

 

1Rは突破しましが、2Rでシード選手に惜敗です。

 

 

初めての県ジュニア、まず1Rを突破できたことを褒めてあげたいと思います。

公認大会とはまた違った独特で緊張感のある雰囲気の中、落ち着いて試合ができていました。

相手の子とは直接戦ったことはなかったのですが、2月の草トーで一緒になったことがあったのでどういうテニスをするかというのは分かっていました。

相手もレゴの試合をじっくり観察していたので分析していたと思います。

 

相手の子は身長が高く、きれいなフォームで高い打点から打ってきます。

ただ、ひとつひとつのショットの精度がレゴよりも落ちる感じでした。

2月に観た試合でなんとなく弱点が見えていました。

 

試合は6-1で勝ちました。

レゴは序盤から弱点と思っていたところに徹底的にボールを集め、ミスを誘うような戦い方をしていました。

時折、スライスやロブを使ったチェンジ・オブ・ペースで相手のタイミングを崩していました。

その2つの戦略がハマり、完勝することができました。

 

公式戦初勝利😄

 

 

そして2Rはシード選手との対戦です。

こんなに早く当たりたくなかった・・・

ドローが最悪😫

冬に骨折して公認を全部棒に振ってしまい、ポイントが稼げずランキングを上げられなかったので仕方がないのですが。

 

相手の子、デカい。

6年生早生まれだけど、中学2・3年生くらいに見える。

身長が高いだけではなく、体格がガッシリとしている。

攻撃的テニスでベースラインからガンガン打ち込んできます。

そしてサーブも速い。

ただ、最近サーブが速い子と対戦することが多かったので、試合の中でスピードには早く慣れるのではと思っていました。

 

相手のサービスからスタート。

いきなりエースから始まりあっという間にゲームを落とす。

第2ゲームもレゴはいきなりDFするなど、あっという間に落とします。

これはベーグルで終わってしまうかなと不安がよぎります。

 

しかし第3ゲームから流れが変わります。

たぶんスピードに慣れてきたのか、リターンが返るようになりました。

ストロークでは丁寧に深くて高く跳ねるボールを打っていました。

それを相手が打ち込んでいきますが、ミスを連発。

たとえコート内も収まってもレゴがしっかり返していました。

1Rと同じく時折スライスも混ぜています。

その結果、2-2で追いつきました。

 

そしてお互いキープが続いて3-4。

ただ、レゴの方に流れが来ていました。

明らかに相手の子はイライラしていました。

次をキープすればもしかしたらいけるかもという期待が出てきました。

 

8ゲーム目、30-30からアクシデントが起きます。

相手がドロップショットを打つ。

オムニコートなので、レゴが足を砂で滑らせながら片手で処理しようとした瞬間、ゴロンと前から1回転。

仰向けになったまま動かないレゴ。

 

ヤバイ!

 

もう試合なんかはどうでもいいので、私はコートに入ろうと思って駆け出した瞬間、レゴがなんとか立ち上がりラケットを持って試合を続けようとします。

膝と肘から血がダラダラ流れているのが分かります。

そしてレゴは痛みでずっと号泣していました。

それでも最後までボールを追いかけていました。

 

試合は3-6で終了。

レゴは最後まで試合を続けました。

その姿に感動しました。

試合後、私は精一杯、レゴの健闘を称えました。

本当に頑張りました👍👍👍

 

 

転んだ原因はオムニの砂だったようです。

砂で足を滑らようとしたら、そこは砂が少なくなっていてシューズのグリップが効いてしまいストップがかかって前から転がってしまったようです。

普段はハードでの練習なので、元々オムニには不慣れです。

ただ、最近はオムニ特有の滑らせながらボールを処理することを覚えた矢先だったので、あらためてオムニの怖さと難しさを知りました。

砂の入り具合もチェックしないといけないですね。

その日は風が強かったので、砂が飛ばされてコートの端っこに溜まっているような状況でした。

擦り傷だけで済んだので、不幸中の幸いでした。

転んだ瞬間は骨折を覚悟しました。

そのくらい派手に転がっていました。

 

 

初めての県ジュニア、レゴはいろんなことを経験しました。

レゴにとっては1Rを完勝し、2Rでシード選手と渡り合えたことは大きな自信になったようです✊

大きな擦り傷も一緒についてきましたが😅

 

レゴと、この日をスタート地点にしようという話をしました。

来年、レゴがこの場所でシードとして出場するために、そして関東大会に出るために、この1年間を精一杯頑張っていこうと。

 

勝負となる1年の始まりです🎾