野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

メーカーオタク


スポンサーリンク

 

レゴは対戦相手を名前を覚えません。

人の名前を覚えるのが苦手。

これは私に似ました。

私も苦手なのです。

仕事で以前名刺交換したことがある人の名前を思い出せないことがよくあります。

ほんと失礼な人間です。

 

でもレゴはちゃんと対戦相手を覚えています。

顔を覚えているのではありません。

使っているラケットとラケットバックとシューズを覚えています。

 

 

パパ「あの子この前の〇〇大会で戦ったことあるよね?」

レゴ「うん、あるね。ラケットはバボラのピュアドライブだったし、バックもバボラの青いやつだった。シューズはオレンジのアシックス」

パパ「名前は?」

レゴ「・・・覚えてない」

 

こんな具合に対戦相手が使用していた道具のメーカーはやたら覚えています。

シューズまでよく見てるなーと感心しますが・・・

 

名前と顔を覚えろよ😩

 

 

レゴは メーカーオタク

 

試合の会場に着くと、最初にみんなが使っている道具のメーカーをじっくり観察します。

自分と同じラケットを使っている子を見ようものなら大興奮。

でもなかなかいないんです。

今使っているレゴのラケットはメジャーなメーカーではないので。

 

 

当然、プロ選手のメーカーチェックには余念がありません。

使用しているラケットのモデルや色の変化は見逃しません。

去年錦織がBURNの黒とオレンジを反対にしたモデルを使った時、真っ先に指摘していました。

さらにガットの色の違いまでチェックしています。

 

 

レゴが試合会場で使っている子を見つけると最も興奮するラケットがあります。

WilsonのPRO STAFF 97。

そうフェデラーが使っているラケットです。

 

さすがにスペックが厳しいので小学生ではなかなか見かけません。

これを使って弱いとカッコ悪い感じしますよね。

今のモデルは真っ黒なので余計に使いづらいというか。

逆に使ったら目立ちます。

ものすごく敷居が高いラケットです。

 

昨年の公認大会でこのラケットを使っている第1シードの子と対戦することがありました。

試合やる前からレゴは大興奮。

この上級者モデルを使っているだけあって超絶強い!

全国クラス!

片手バックハンド!

テニスがかっこいい!

 

もちろん試合は瞬殺されました。

試合後、レゴは満面の笑み。

 

「フェデラーと試合やってるみたいだった!」

「片手バックハンドすごかった!」

「俺もいつかあのラケットを使いこなせるようになりたい!」

「俺も片手バックハンドやってみて~」

 

いつかそうなるといいね😁