野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

グリップサイズ


スポンサーリンク

前回ガットの違いがレゴのプレーに変化を与えたことをお伝えしました。

 

tennisboy.hatenablog.com

 

 

実はこの後もうひとつ、道具による変化がありました。

それはグリップです。

 

 

レゴが今のラケットに替えた時、グリップサイズを2にしていました。

クラブから注文してもらったのですが、特にサイズは指定していなかったので、試打ラケットと同じ2で注文されてしまったようです。

届いてから気づいたのですが、レゴに確認し、これでも大丈夫だと言ったのでそのまま使うことになりました。

おそらくだいたいの小学生は手が小さいので、グリップ1かグリップ0(メーカーによってあるところは限られます)を使用していると思います。

本来、小柄なレゴもグリップ1が妥当なのでしょう。

 

まずここで選択を間違えています。

 

 

通常、グリップにはオーバーグリップを巻きます。

オーバーグリップを巻くと、その厚さがあるのでグリップサイズが1上がります。

したがってグリップサイズは実質3になります。

試打ラケットにはオーバーグリップが巻かれていなかったので、レゴはグリップサイズ2で試し打ちをしていたことになります。

 

さらにここで大きな間違いを犯しています。

 

レゴは実質グリップ3のラケットで半年プレイしていたことになります。

 

 

私が違和感に気づいたのは、県ジュニアに向けてダブルスの練習をやるようになってからです。

 

こんなにボレーが下手だったっけ?

 

レゴもボレーがうまくできないので前衛をやりたくなくて後ろに下がってしまい2バックになることが多くありました。

 

そして練習や試合のプレイをよーく見ていると、細かいラケット捌きができていません。

特にネット前のボールの処理。

オムニコートの試合だと前のボールを処理することが多いのでそれが顕著に出ます。

レゴはこんなラケット捌きが下手だったっけ?

 

私はずっと違和感を抱いていました。

最近その違和感の原因がようやくわかりました。

それはグリップサイズでした。

 

ネットで調べていたら、手のサイズに比べてグリップサイズが大きいと細かいラケット捌きが難しくなることが判明。

試しにオーバーグリップを外して、購入時の元グリップだけで練習するようにレゴに言いました。

グリップサイズ2の状態です。

そしたら案の定、前のボールの処理やボレーが明らかに変わりました。

当然ストロークも安定感が出ました。

 

そして大きく変わったのがサーブです。

サーブの球の速さと精度が格段に上がりました。

レゴも

「俺ってこんな速いサーブ打てたっけ?」

と打った自分が一番驚いていました。

コーチもびっくり。

私もびっくり。

 

コーチからは、ラケットの仕様は担当コーチに必ず最終確認してくださいと言われました。

すいません・・・

クラブの受付の人じゃ、そこまで考えてくれないよね。

 

 

もっと早く気づいていれば・・・

無知は怖いです😰

 

 

当面オーバーグリップは巻かずに使っていきます。

これだとグリップサイズ1でオーバーグリップを巻くのとサイズは同じ。

その分、元グリップが痛むので交換が必要になります。

元グリップは1000円以上するので余計な出費ですけどね・・・

 

 

グリップサイズについては以下のサイトが参考になります。

 

xn--zckzap3601al1rcz8af88a.com

 

 

今回の件でテニスは繊細なスポーツだということを実感しました。

ガットにしろ、グリップサイズにしろ、その違いがここまでプレーに影響するとは思いませんでした。

 

 

勉強になりました👨‍🏫