野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴るブログ

ラケットの重り


スポンサーリンク

 

6月に入ってからバタバタしています。

仕事も忙しいのですが、それ以上にレゴのテニス関連が。

落ち着いたらご報告したいと思います。

 

 

最近レゴはラケットが軽いと言うようになりました。

そして新しいラケットにしたいとのこと。

 

今のラケットは285g。

軽量タイプです。

最近そこそこ振れるようにはなってきたので物足りないのかもしれません。

 

 

でも私としてはすぐに替える気はありません。

まだ1年経ってないですしね。

個人的には道具を簡単に与えるのはよくないと思っています。

すぐ買ってもらえると思って道具を大切にしなくなりますからね。

 

もっとちゃんと勝てるようになってから言ってこいという感じです。

そもそもラケットに左右されるようなきわどい試合すらできていない。

ラケット以前に、しっかり技術を身につけてほしいものです。

 

 

でも振っているところを見るとたしかに軽そう。

スイングスピードが速すぎるのも良くない。

重さとスピードのバランスは重要。

 

 

ということでラケットに重りをつけることにしました。

 Kimonyのリードテープ。

 

 

 

要は薄い鉛のテープです。

だいたい1cmが0.15gです。

ケースの裏に重さを図るメジャーがあるので、好みの重さに合わせてハサミで切ります。

 

f:id:irimichidesu:20180615212009j:plain

 

 

切ったテープをラケットのフレームの内側に貼るのですが

問題はどこの位置に張るか。

ラケットのヘッドに近くなればなるほどトップヘビーになります。

レゴはトップヘビーが嫌い。

 

今回はスイングスピードの調整と強い球への面ブレを防ぎたい。

ということで時計の数字に例えると

3時と9時のところに貼りました。

貼った位置はこのサイトを参考にしました。

 

鉛テープの貼る位置 – たいしのガット張り工房

 

 

1gを片方2枚ずつ、計4g。

こんな感じです。

 

f:id:irimichidesu:20180616172851j:image

 

 

レゴに言わせると、これでだいぶ違うようです。

たしかに面ブレが抑えられているかも。

 

重要な夏の公認大会シーズンを前に今からラケットを替えたくないので、これで乗り切ってもらいましょう。

 

 

秋に新しい300gのラケットに替えたいと思います。

当然レゴには言っていません。

 

 

今からラケットをリサーチ中🤔

道具好きの血が騒ぎます。

自分のじゃないのにね😁