野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

ガット選び


スポンサーリンク

道具ネタが続きます。

 

 

1ヵ月くらい前に以下のガットについての記事を書きました。

 

tennisboy.hatenablog.com

 

 

実はここからさらにいくつかガットを試していました。

 

 

素材はナイロンしか考えていません。

ポリを使うほど頻繁に切るわけでもないし、

筋肉がまだついていないので怪我しやすくなるし、

コーチからもポリはまだ早いと言われています。

 

ポリが怪我しやすということについては賛否両論あるようです。

コーチによってもかなり意見が分かれるところ。

ちなみにレゴが今まで見てきてもらったコーチは、みんなポリを小学生から使うのは否定的でした。

 

でも小5、小6になるとポリを使っている子は結構いますね。

きっとナイロンだと頻繁に切っちゃうんでしょうね。

レゴはまだまだその域には達していません。

 

 

ナイロンだとモノフィラメントとマルチフィラメントがあります。

ガットの素材についてはここが参考になります。

ガットのことがよく分からないという方は読んでみてください。

 

www.tennis-one.jp

 

 

 

マルチは打感がソフトすぎるようであまり打ちごたえがないとのこと。

選択肢から脱落。

 

 

結局モノ。

定番のゴーセンから選ぶことにしました。

以下から三択。

 

①ミクロスーパー

②AKコントロール

③AKプロ

 

①は少し硬くて非力なレゴにとっては反発力が足りない。

②は文字通りコントロールしやすいが打感がソフトすぎる。

 

ということで③のAKプロを採用することに。

反発力があるけど、コントロールもできる。

スピンもかかりやすい。

一番バランスがよさそう。

AKプロ

AKプロは16と17の2種類があります。

太さの違いです。

最初はAKプロ17を張りました。

細い方です。

 

 

 

細いとスピンがかかりやすいです。

さらにスピードが増します。

ガットの太さによる性能の違いはこちらが参考になります。

 

www.tennis-one.jp

 

 

でも細いと当然耐久性は悪くなります。

まず細い方でどのくらい持つのか試してみました。

 

すると2週間もちませんでした。

10日間くらいでしょうか。

非力なレゴで2週間もたないなんて・・・

経済的じゃない。

 

 

ということでこちらの太い方のAKプロ16にしてみました。

 

 

 

2週間経ちましたが今のところ切れていません。

AKプロはテンションの維持が長持ちすることが特長みたいなので、これはいいですね。

レゴ本人は16と17の違いをさほど気にしていません。

というかそこまでの繊細さはまだないです。

 

 

AKプロに替えてから、ボールのスピードは明らかに増しました。

スピンも結構かかっていると思います。

 

これでしっくりくればロール買いしてもいいかな。

でもモノにしては値段が高い・・・

ミクロスーパーあたりが一番経済的なのでしょうね。

 

 

AKプロ16はブラックバージョンがあることを最近知りました。

 

 

 

黒いガットの方がカッコいいじゃない!

強く見える!

 

と私が思っているので、次切れたらこっそり黒にしてみよう😁