野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

【パパの感想】選手クラスに入って成長したこと変わったこと


スポンサーリンク

 

レゴが選手クラスに入って成長したことや変わったことについて、2つの記事でテニスと生活の視点からそれぞれまとめてみました。

 

tennisboy.hatenablog.com

 

 

tennisboy.hatenablog.com

 

最後に私が親として率直に思ったことや感じたことについて書いてみたいと思います。

 

入る前の期待とのギャップ

正直、選手クラスに入って1年くらいやればそれなりの結果(公認大会で常に本戦入りするくらい)が出るだろうと高をくくっていました。

まだ1年経っていませんが、残念ながらそのレベルには届きそうにないです。

今はやればやるほど勝てなくなっているのが現状です。

 

県ジュニアが終わってからテニスの技術は明らかに1段階アップしました。

でもそれが試合の結果にはつながっていません。

レゴはある程度自分の思い通りに打てるようになった分、試合では色々と考えたり意識してしまうことが増えたように感じます。

今はそれが試合でマイナスの方に出てしまうことが多いです。

 

関東大会に出ている息子がいる友人にこう言われました。

「都県上位の子はみんな低学年から選手クラスに入って、3年くらいかかってようやくここまできてる。1年なんてまだ始まったばかりで、ようやくテニスがどういうものか覚えたくらい。ここからたくさん悩んでそれを乗り越えてようやくちゃんとした試合ができるようになるんだよ」

 

自分の幻想はボロボロと崩れました。

自分の子供は他の子とはちょっと違う才能があるんじゃないか?

そんなことはなかったですね(笑)

練習と試合を積み重ねて少しづつ強くなっていくのでしょう。

多くのジュニアと同じように。

それがわかったことが一番大きな収穫だったかもしれません。

夢と目標を持った

レゴは5年生まで毎日を漠然と過ごしていました。

学校に行って

習い事して

友達と遊んで

家族と過ごして。

多くの小学生はそうでしょう。

将来の夢はまだぼんやりとしている。

その夢をかなえるための目標も当然まだないでしょう。

 

レゴははっきりとした夢を持って選手クラスに入りました。

テニス選手になり、そして子供達の指導者になるという夢。

当然そのためには何を達成しなければならないのかという目標を持っています。

その目標を達成するために毎日一生懸命練習をしています。

勉強や遊ぶ時間を削ってまで。

 

きっと多くの親御さんは小学生の頃からそんなことまでさせなくてもいいのではと思うでしょう。

そんなことをさせるくらいだったら塾に行かせてしっかり勉強させて、いい中学、いい高校、いい大学に入ればいい。

スポーツは部活で十分。

私もつい最近まで思っていました。

妻もそうです。

自分達がそういう風に生きてきたからです。

 

子供が自分で決めた夢に向かって突き進んでいく。

家族がそれを応援し全力でサポートする。

親としてそんな経験ができる人って少ないじゃないかなって思います。

しかも小学生の頃から。

 

いい結果が出たときは家族みんなで喜び

よくない結果だったときは家族みんなで相談する。

そして週末は私とレゴは試合でずっと一緒にいます。

父子でたくさんの会話をしてきました。

長い人生の中でとても貴重な時間を過ごしているのではないでしょうか。

 

でもいい時ばかりじゃないですけどね。

今はお互いつらい時の方が多い。

正直、精神的にきついです。

仕事がある平日よりもテニスの試合がある休日の方が疲れます。

レゴのテニスの試合を観るようになってめっちゃ肩が凝るようになりました(笑)

子供よりも親の方が「こんなの無理」と夢を投げだしたくなります。

でもそういう時こそ子供が夢をかなえたいという気持ちの強さが実感できるんです。

 

選手の道へ進んでよかったのか?

まだわかりません。

今は結果も出ていないので「本当にこれで良かったのか?」と自問自答しながらやっています。

たまに週1や週2のスクール生で楽しくテニスをやってた方がよかったんじゃないかと思うこともあります。

やっぱり野球やサッカーの方が芽が出たのではとも思います。

勉強ならやった分だけそれなりの成果が出るしなとも思います。

 

それにいろんな負担が大きすぎます。

家族みんながレゴのテニス中心で動いています。

5歳の娘をもっといろんな所に連れていってあげたいとも思います。

 

一般サラリーマン家庭には経済的な負担も大きいです。

公認大会のエントリー料5000円。

初戦0-6で敗退、30分で試合終了。

この5000円あれば何が買えたかな?

心の中でいつもそう思ってしまう自分がいます。

 

きっとこんな感じでこれからも続いていくのでしょうね。

よかったかどうかがわかるのはずっと先なのかもしれません。

 

まだ1年もたってない。

中学生、高校生でも続く。

続けてほしい。

レゴにとってはこれからが本番。

親が今から息切れしてどうする(笑)

 

レゴが成長するにつれて親の関わり方もきっと変わるでしょう。

このブログもどうやって続けていこうか今から悩んでみたり。

そんなことを考えるのも結構楽しいです😁