野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

自分のテニスを見つけるために


スポンサーリンク

 

最近、レゴの近況に関する記事を投稿していませんでした。

これからまた色々お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

レゴは毎日この暑さをものともせず元気にテニスの練習に励み試合に挑んでいます。

 

 

 

そしてレゴは

 

 

 

 

 

 

クラブを移籍しました

 

 

 

 

 

 

実は2ヵ月くらいこの件でバタバタしていました。

レゴというよりは私がです。

 

ようやく落ち着いてきたのでご報告させていただきました。

 

 

移籍活動については追々書いていきたいと思いますが

 

 

 

 

疲れました

私が

特に気持ちが

 

 

 

レゴはこの状況を楽しんでました。

無邪気というか無神経というか。

 

この図太さを試合でも発揮して欲しい。

移籍を決断

移籍については県ジュニアが終わったあたりから考えていました。

最初は夏の大会の結果を見て判断しようと思っていました。

でもいくつかのことが重なり、今しかないと決断しました。

 

レゴがもっと強くなるために新しい環境を欲していたのもわかっていました。

私も今のままではレゴの良さが発揮できないのではと思っていました。

私とレゴがお互いに納得した上で移籍を決断しました。

 

 

これまでの自分の人生の中で受験や就職、結婚など進路で大きな選択に迫られることはありましたが、こんなに悩んだのは初めてです。

しかも自分の進路じゃないし。

私はこれまで転職を4回しているくらい進路について細かく考える人間ではないです。

入ったらなんとかなるし、なんとかならなかったらまた考えようという発想です。

 

でも我が子のことになると話は別です。

失敗させたくない。

もしあってなかったらどうしよう。

やっぱり前の方がよかったとか言わないかな。

 

本当に色々と考えてしまいます。

所詮まだ小学生なので自分の考えを持っているようで持ってない。

親がこれだと言えばそれに従います。

それが余計に私の悩みを増幅させ、判断を鈍らせます。

一時期、考えすぎて眠れなくなりました(笑)

 

もう当分移籍はさせたくないです。

本当に疲れました・・・

 

 

 

新しいクラブは前のクラブと180度と言ってもいいくらい違います。

 

練習内容

求めるプレースタイル

雰囲気

コーチ

メンバー

 

あらゆる面で大きく異なります。

かなりのチャレンジです。

 

 

移籍先の候補はいくつかあったのですが最後はレゴの意見を尊重して選びました。

そこでテニスをするのはレゴ自身。

レゴの感性に委ねてみようと思いました。

もちろんクラブとコーチが信頼できるかどうかは私が判断しています。

 

 

 

レゴには新しい環境で自分のテニスを見つけてもらいたい。

そしてテニスを心の底から楽しんでほしい。

 

もちろん強くなって欲しいですけどね。

でもそれはすぐに結果が出るとは思っていません。

長い目で見ていきたいと思います。

新しいコーチにもそれをはっきりと言われました。

それがレゴを引き受けてくれる条件でもあります。

 

 

 

レゴはどんなテニスをしていくようになるのか。

 

今からとても楽しみです😁