野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

俺は壁になる


スポンサーリンク

先日草トーに参加しました。

レゴはドローを見た瞬間

「今日は絶対に決勝まで行ってY君と戦う!」

と宣言。

こういうレゴは珍しい。

試合前に「絶対に優勝する!」とか「今日は決勝まで行く!」という宣言はほとんどしません。

 

Y君は同県でこれまで何度も戦ってきています。

しかし一度も勝ったことがありません。

最近戦ったのは6月。

去年よりも差が開いた試合内容で完敗。

Y君は同世代の県ランキング上位。

関東に行くためには倒さなくてはならない相手です。

 

レゴは宣言通り決勝まで駒を進めました。

準決勝までの4試合を全て6-0で勝利。

でも全然喜ばない。

いつもと雰囲気が違います。

試合の待ち時間は険しい表情でずっとY君の試合を見ているレゴ。

近寄り難いオーラが出ています。

 

レゴの予想通りY君も決勝進出。

決勝の試合前にレゴは私に言います。

「今日はカベになることに決めた」

かべ???

壁???

ウォールのことかか???

私が不思議そうな顔をすると

「どんな球でも返して粘りまくる」

と言ってコートに入って行きました。

 

Y君は県で有名なシコラーなのです。

足が速くどんなショットでも追いついて返してくる。

しかも返ってくるボールのコースが絶妙にコントロールされているので相手はミスを多発します。

レゴはこれまでY君と戦う時はいつも攻めていましたが、どんなショットを打っても返ってきてしまうので最後は根負けして集中力を切らして自滅するというパターンでした。

壁のようなシコラーになる

これが今回レゴが考えた作戦です。

シコラーに対してそれを上回るシコラーになるのです。

実はレゴはシコラーの素質があります。

レゴは足が速いのでコートカバーリングは広いです。

コントロールもそこそこいい方です。

そしてストロークでは力みのないスイングをします。

決めるショットの時だけ力を入れてフラットに打ちます。

最近コーチから省エネテニスと言われています。

 

試合が始まりました。

お互い攻めない!

ラリーなげー😑

もはやアップを兼ねたラリー練習にしか見えない。

これが壁と壁の戦いなのか?

見ているこっちはとてもとても

つまらない😪

 

3-3まで来ました。

エースなんてひとつもありません。

お互いほんのちょっとのミスでの失点。

ここまで既に試合時間は30分を超えました。

ここからレゴの集中力が切れ始めます。

ダブルフォルトやネットをするようになります。

一気に3-5まで追い詰められます。

 

やっぱり今回もY君に根負けか・・・

そう思っていた矢先レゴのプレーが9ゲーム目から変わります。

フラットの強打

次はスライス

次はムーンボール

次はドロップ

というように1球1球打つボールの種類を変えているのが分かりました。

 

今度はだんだんY君の様子がおかしくなります。

あきらかにイライラし始めます。

そうするとY君のミスが多くなります。

レゴはひたすら球種を変えながら打ち続けます。

きっとY君のリズムが狂ったのでしょう。

Y君が自滅していきます。

 

一気に4ゲームを連取し7-5で勝利。

Y君に初勝利。

試合時間はなんと

1時間15分

注:ノーアドの1セットマッチです

 

f:id:irimichidesu:20181017210009j:plain

 

レゴは試合後満面の笑み😁

壁になれた?

「普通の壁だとダメだった」

「途中からデコボコの壁になってみたらうまくいった」

レゴの作戦勝ち!

作戦で勝ったことなんて今まであったかな?

 

いろんな種類のボールが返ってくる壁

これからのレゴのシコラー対策

いい作戦かも

 

と思っていたら

その次の日の試合でシコラーでもなんでもない相手にやってました・・・

しかもこれが結構ハマっているのです。

相手がどんどんイライラしていくのが分かります。

 

お前がシコラーになってどうする😱