野球脳パパのジュニアテニスブログ

11歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

ポーカーフェイス


スポンサーリンク

親御さんからレゴについてよく言われることがあります。

「レゴ君はいつも冷静ですよね~」

「レゴ君はクールに試合しますよね~」

いえ、全然冷静じゃないですよ

どうやら周りの人達からは、レゴは試合で常に冷静でクールに戦っていると見られているようです。

確かに苦しい時やイラついている時も表情にはあまり出ないかもしれません。

サングラスをしている時も多いですし。

カモンも声に出さずに小さくガッツポーズだけです。

きっとそれがクールに見えるのかも。

 

しかし・・・

内心は冷静どころか焦りまくってことが多いはず。

このブログを長らく読んでいただいている方はご存じだと思いますが、イライラもよくあります。

 

私はいつもレゴの表情ではなく仕草で冷静なのかイラついているのか焦っているのかを判断しています。

まあ自分の子供ですからね・・・

レゴを赤ちゃんの時から見てきていますから、ちょっとした仕草でだいたいどういう心理状態なのかわかってしまいます。

でも周りから冷静・クールに見られることはいいことです。

ポーカーフェイス
(Poker face)

これもレゴのひとつの武器になります。

相手にしたら不気味だし、心理状態を読みにくい。

野球でもポーカーフェイスの投手と対戦するのは嫌なものです。

だからなのか、レゴがイラついて自滅していく時、相手の子は「えっ?急にどうしたの?」みたいな表情をすることが多いんです。

きっと相手にとったら兆候もなく急に崩れたように見えるのでしょう。

でも私は兆候が出ているのが分かってしまうので、「やっぱりか~」みたいになるのです(笑)

 

ポーカーフェイスのレゴ

 

今年はこれを売りにしていきたいと思います(笑)