野球脳パパのジュニアテニスブログ

12歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

18歳の錦織圭はやっぱりすごい


スポンサーリンク

Youtubeでこんな動画を見つけました。

錦織選手が18歳の時にATPツアー初優勝した時の決勝戦です。

 

2セット途中まで

www.youtube.com

 

2セット途中~試合終了、その後の優勝スピーチまで

www.youtube.com

18歳の錦織圭は半端ない

これずっと見たかったんです。

18歳の時の錦織選手がどんなテニスをしていたかを。

私は息子が3年前にテニスを始める前までは、テニスについてはほとんど無知でしたから。

錦織圭という選手の名前くらいは知っていた程度です。

 

デルレイビーチ国際テニス選手権(ATP250)の決勝。

この時錦織選手は18歳で世界ランキング248位。

相手は世界12位(最高4位)のジェームズ・ブレーク。

200位以下の選手がする試合ではないです。

どう見てもトッププロ同士の試合です。

錦織選手がどれだけ凄いかということが良くわかります。

 

フォアが全然違います。

荒々しいですが、今よりも力強い。

しかしこの翌年に右肘の疲労骨折をしてしまいます。

やはりこの打ち方では無理があったのでしょうか。

 

絶妙なドロップは今と変わらないですね。

本当にうまい!

相手の意表を突く戦い方。

18歳とは思えないです。

 

サーブは・・・

この試合の解説をしている松岡修造さんがこうコメントしています。

「圭のサーブはランキング1000位以下」

今でもサーブが一番の課題と言われています。

さすがに今は1000位以下ということはないでしょうけど・・・

それほどサーブというのは難しいのでしょう。

身長の影響も大きいとは思いますが。

 

この頃は若さもあり、躍動感があふれています。

優勝スピーチも初々しくてかわいいです(^^)

とても貴重な映像。

 

来週は全豪オープン本戦が始まります。

錦織選手はブリンスベンで優勝した勢いがあります。

ジョコビッチ、ズべレフ、フェデラー/ナダルを撃破してグランドスラムを手にしてほしいですね。