野球脳パパのジュニアテニスブログ

12歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

スペインドリル??(笑)


スポンサーリンク

レゴとの自主練はもっぱら球出しです。

なぜか?

素人の私では、まともにレゴとラリーができないからです。

1年前くらいまではなんとか相手をすることができたのですが。

今は無理ですね。

まともに返せません。

嬉しくもあり、寂しくもあり。

 

単純に球出しをしているのも芸がないので、何かもっと効果的な球出し練習はないんものかと調べてみました。

そしたらありました。

おっ、と思うものが。

スペインドリル

文字通り、スペインで取り入れらている練習です。

ひたすら球出しで同じことを繰り返す反復練習です。

練習内容はこんな感じです。

  1. デュースサイドに深く出されたボールをクロス方向に深く返す(繋ぐ意識)
  2. デュースサイドに短く出されたボールをストレート方向へ打ち込む(攻撃の意識)
  3. アドサイドに深く出されたボールをバックハンドでクロス方向に深く返す(繋ぐ意識)
  4. アドサイドに短く出されたボールをバックハンドでストレート方向へ打ち込む(攻撃の意識)

8の字を描くように1~4を繰り返し行います。

80球~100球くらいひたすら続けるそうです。

f:id:irimichidesu:20190315142816p:plain

 

レゴは前後の動きが微妙なので、この練習はいいなと思いました。

ちょっと試しに30球くらいやってみようということになりました。

 

やってみました!

そしてあることがわかりました!

 

 

球出しがうまくできないじゃん

 

 

ラケットによる球出しって難しいです。

私のような素人では狙ったところにテンポよく打てません。

 

レゴは「マジかよ~」と言いながら荒れ球を打っていました。

終了です。

もはや何の練習をしているのかわかりません。

 

まだ野球のバットで打った方がマシかも。

 

地味でシンプルな手出しによる練習に戻ります。

 

一応手出しによるスペインドリルもあるのですが。

これも結構難しい。

自分がテニスをやっていないということもあり、ボールを打つポイントがいまいちわからないので、テンポ良く球出しができないんです。

 

素人でも相手できる練習ないかな~