野球脳パパのジュニアテニスブログ

12歳の息子のジュニアテニス生活を綴ります。錦織圭や大坂なおみなどプロテニス選手の動向も紹介します。

ラケットのために


スポンサーリンク

中学生になって、レゴが毎日とても楽しみにしていること

 

それは勉強でもなく

 

体育でもなく

 

給食でもなく

 

テニスでもなく(おいっ!)

卓球🏓

 

Table Tennis

 

テーブルの上でするテニスですね。

あっ、皆さん知っていますね(笑)

 

ここまでで察しがついた方もいらっしゃると思います。

 

 

はい、レゴは卓球部に入部しました。

 

以前ブログでお伝えしましたが、レゴの中学校は公立で硬式テニス部はなく、軟式テニス部しかありません。

硬式テニスの選手である以上、軟式テニスとの両立はご法度です。

コートは同じですが、フォームや道具が違いますので変な癖がつく恐れがあります。

 

私はてっきり陸上部に入るものだと思っていました。

レゴママからも仮入部は陸上部だったと聞いていました。

そして入部届提出日の朝、陸上部と書かれた紙に私は保護者のサインをしました。

この時点で100%陸上部だったはずです。

 

入部届提出日の夕方、レゴママから私のスマホにLINEが入りました。

 

「レゴ、卓球部に入ったって!」

 

f:id:irimichidesu:20190523122816j:plain

 

 

私はこんなスタンプを送りましたね。

 

衝撃を受けました。

陸上部に入るものだと思ってましたから。

あのサインした紙は何だったんだ?

陸上部なら個人競技なので誰にも迷惑かけることなくクラブでのテニスが優先できるし、部活でも基礎トレーニングできるしと思っていました。

レゴは足が速い方なので陸上大会でもそこそこは活躍できるだろうとも思っていました。

 

その日の夜、レゴに卓球部に入った経緯と理由を尋ねました。

事の顛末は以下の通り。

 

入部届提出日の朝までは陸上部に入ろうと思っていた。

学校に行って友達から情報収集すると、陸上部に男子が1人もいないことがわかった。3年生に男子は数人いるが、その子達が引退すると男子がいなくなる。1年での入部希望はレゴ以外男子ゼロ。

これはヤバいと思い、先生に頼んで入部届を卓球部に修正。

卓球は前から好きだった。小6の時も卓球クラブ。実は卓球部にも仮入部していた(それ、パパとママは聞いてないけど・・・)

卓球部でも走ったりマラソンしたり筋トレしたり、ちゃんと基礎トレーニングはやっている。

卓球はパパが思っている以上にハードなスポーツだ(ここをものすごく強調)

卓球のラケットさばきはテニスにも使える(どこに?)

反射神経やフットワークが鍛えられる(うーん)

俺、卓球うまいし(ん?)

 

まあ、その気持ちはわからないでもないです。

レゴは女子の中に男子1人というのにトラウマがあります。

前所属クラブ(テニス)の選手クラスでの後半はまさにその環境でした。

きっとレゴの気持ちの中で「これちょっとやばくね?」みたいな感じになったのでしょう。

 

怪訝な顔をしている私を一生懸命説得するレゴ。

こんな必死になっているのはあまり見たことがない。

そして珍しくレゴママからの援護射撃。

「中学校生活で一緒に同じことをできる友達がいることは大切」

ママにそう言われてはね。

もう入部しちゃったしね。

ということで、とりあえず卓球部で、ということになりました。

 

卓球部で活動するにあたっていくつか約束をしました。

  • テニスが最優先。試合が重なっても必ずテニスの試合を優先させる
  • 平日の練習は朝練のみ。ただしクラブが休みの日は放課後の練習はOK
  • やるからには真剣にやる。基礎トレーニングは手を抜かず全力で

 

毎朝、楽しそうに朝練に行っています。

1年生の中では一番強いそうです(本人談)

そして入部してわかったことなのですが、2年生、3年生に硬式テニスと両立している子が何人かいます。

その子達はレゴと同じようにバリバリの選手コースというわけではないのですが、週3~4でテニスクラブで練習し、公認大会や中学生大会とかには出ているみたいです。

きっと高校の硬式テニス部を見据えているのではないかと思います。

なので上級生とテニスの話で盛り上がることも多いみたいです。

これも楽しく部活に行っている理由のひとつですね。

 

試合で使う卓球のラケットも結構高いんですよね~

ちなみに公式戦で使えるラケットって決まっているのです。

日本卓球協会の認定を受けたラケットしか使えないのです。

おもちゃ屋さんとかで売っているような安い1000円くらいのラケットは使えません。

中級者以上になると1万円は超えてきます。

ラケット本体とは別にラバーも購入しなければなりません。

卓球ラケットとラバーの関係はテニスラケットとガットの関係と同じで、組み合わせによってボールの質が変わります。

結構、奥が深いですよ。

卓球を甘く見てました。

 

私はそう簡単にレゴにラケットを与えたくないと思いました。

いくら理由があったとはいえ、親と決めた事を破ったわけですからね。

私の大人げない小さな反抗です(ふふふ)

学校で貸してもらえる安いラケットでいいじゃない。

ただでさえ、テニスの道具にお金がかかっているのに。

 

それでもちょっと可哀そうかなと思い、ある関東公認大会でここまで勝ち進んだら買ってあげてもいいよと約束しました。

そこで勝ち進んでいくためには関東ジュニア進出も決めている強いシードの子に勝たなくてはならないので、可能性は低いだろうと思っていました。

その大会で勝たなくても、また次の大会で同じように目標を決めて達成したら買ってあげてもいいかなと情けをかけるつもりでしました。

 

そんな私からの情けをよそにレゴは1発で目標を達成。

公認大会、過去最高の成績(笑)

この大会はこれまでの中で一番というくらい必死に試合をしていました。

シード選手にも逆転勝利。

あんなに集中力があり粘り強いテニスはこれまで見たことがなかったです。

 

本当にいいテニスをしていました

 

卓球ラケットのためにwww

 

この試合を観ていたレゴの友達のママさんから

「レゴ君、細かいフットワーク良くなりましたね」

えっ、卓球の成果?

んなわけないか(笑)

 

その帰りにレゴはめでたくラケットを購入しました。

バタフライのラケット

知っていますか?バタフライ

卓球ラケットの国内のトップメーカーです。

テニスでいうヨネックスみたいなものですね。

ラバーは「攻撃的ストロークタイプ」を選びました。

「俺、卓球では超攻撃的だから」

んなこと、どうでもいいよ(笑)

テニスでもっと攻撃してくれよ

これからは卓球ラケットにも詳しくなりそうです(笑)

 

テニスと卓球の二刀流

 

パパは応援していますよ!