野球脳パパのテニス雑記帳

素人目線でテニスについて思ったことを書いています。ジュニアテニスでお困りの時は記事検索してみてください。

全仏の優勝を予想してみた

いよいよ来週から全仏が始まりますね。

 

さあ、誰が優勝するのでしょうか。

 

ナダルは調子が悪そうだし、ジョコビッチも少し安定感に欠けている。

メドベージェフはクレー嫌い、ズべレフとチチパスも絶好調というわけじゃない。

 

そんな中、やっぱり期待してしまうのは、アルカラス。

ナダルの赤土の王を継承するのか。

やっぱりナダルがまだ最強なのか。

 

とても予想がつきにくい今回の全仏です。

 

 

ドローが出ました。

 

いやー、このドローはちょっと・・・

 

上位シードが順当に準々決勝に行くと

 

上の山が

ジョコvsナダル

ズべレフvsアルカラス

 

下の山が

ルードvsチチパス

ルブレフvsメドベージェフ

 

上の山、厳しすぎでしょ。

ジョコとナダルとアルカラスが潰しあうなんて。

あとズべレフもね。

アルカラス、きっついなー

しかもナダルの山にはオジェアリアシムもいるし。

 

それに対して下の山。

クレーに強いルードとチチパスが準決勝。

もうひとつはクレーに弱いロシア対決。

ロシアの2人は準決前に負けそう。

ロシア山にはクレーに強いシナーとカレノブスタもいるし。

 

 

私の予想

本命:アルカラス

対抗:ジョコ、チチパス

穴:ルード、シナー

 

ナダルは怪我の不安があるので、はずしました。

ここは無理しないで、全米を万全でむかえてほしい。

 

 

皆さんの予想はどうですか?

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

一般の草トーでの強者

GWが終わると、5月、6月は公認大会が少ないんですよね。

きっと梅雨に入るからでしょうかねえ。

 

そんなこともあり、レゴは近所の小さなテニスクラブで開催された一般(大人)向けの草トーに参加してみました。

この草トー、優勝賞品が豪華なので、レゴはそれに目がくらんでいましたね。

近所だったので、私も見に行くことに。

 

8人の大会。

どういう人が出てくるのかなーって参加者を眺めていました。

間違いなくレゴは一番若い。

 

やっぱりいました。

知ってる高校生。

3年。

強豪校のレギュラー。

最初はこの子が一番強いかなって思ってました。

 

レゴは1Rを無難に勝利。

相手は大学のテニスサークルの大学生。

もー、ちゃらいw

金茶髪、ウェアはピンク。

でも本人曰く、本気系のテニサーらしい。

 

最初、レゴをなめているのがよくわかりました。

レゴって試合前の練習は素人同然になるんですよ。

ラリーは続かないし、サーブは入らない。

この大学生、笑いながら「大丈夫ですかー?」ってレゴに声をかけてました。

レゴ、苦笑。

 

6-0であっという間に終了。

全然ラリーにならなかったですw

 

次の試合。

もうSF。

相手の選手は20代ってことはすぐにわかりました。

1Rは相手が中高年だったということもあり、適当にあしらってた感じがあり、実力が分かりません。

 

試合開始。

エグいサーブ。

そしてサーブ&ボレー。

たぶんレゴがジュニアってことが分かって、いきなりかましてきました。

強い、強い。

特にネットプレーが上手。

レゴ、ラリーさせてもらえませんでした。

 

試合は2-6で負け。

このおにーちゃん。

今年の3月まで大学生で、テニス部に所属。

関東2部リーグの大学でダブルス1。

卒業し、大手テニスクラブでコーチをしてますとのこと。

 

なんでそんな人がこんな草トーにいるの!

そりゃ、ボレーうまいわけだよ。

きっと彼も豪華賞品に目がくらんだのでしょう。

 

隣では有力高校3年生が試合してたのですが、まさかの0-6で敗退。

相手の選手は何者?

 

決勝はレゴに勝った若者と、高3生に勝った若者。

試合は白熱し、タイブレまでもつれました。

結局、高3生に勝った若者が優勝。

え、関東2部のレギュラーが負けちゃった。

 

優勝した若者も、今年3月まで大学生。

そして関西1部リーグの大学のレギュラーだったとのこと。

就職して関東に来たんだけど、テニスする相手がいないから、草トーで探しているとのこと。

 

こんな小さな草トーに、バリバリの大学テニスプレイヤーだった若者が2人もいることに驚きました。

 

 

この優勝した関西の若者。

とてもナイスガイ。

大会が終わると、レゴに一緒に練習やらないかって声をかけてくれました。

他の出場者も加わり、4人で練習。

練習の中でレゴに色々とアドバイスしてくれていました。

 

 

私はこの関西の若者とLINEを交換。

また一緒にやってもらおうという下心丸出しw

 

小さな草トーでの思わぬ収穫でした。

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

カタイ

レゴは4月から新しい環境で毎日テニスに励んでいます。

 

クラブのヘッドコーチに1か月レゴを見てもらった感想を聞きました。

 

「まず体が硬いです」

 

そう。

 

レゴは硬い。

 

特に下半身。

 

「まず体を少しでも柔らかくしないと。技術はそれからです」

 

その後、トレーナーさんから毎日やるストレッチメニューを教わりました。

 

「ストレッチをちゃんとやっているかやっていないかは、1か月後の体を見ればわかります。ストレッチをサボってるのもわかりますので」

 

レゴの顔が曇る(笑)

 

コーチは普段寡黙なのですが、言う時にはビシッと言う。

 

私はこういうタイプの指導者が好きです。

 

どんどんハッキリ言ってほしい。

 

 

さあ、毎日時間をかけてきちんとできるか?

 

結局毎日の積み重ねが重要です。

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

アルカラス強すぎ

アルカラス

マドリードOP優勝!

 

ズべレス完敗。

 

決勝のハイライト

 

それだけ完成度が高い。

そして強い。

 

これでランキングは9位から6位へ。

 

全仏のシード8以内はほぼ確定かな。

 

次のローマOPは欠場とのこと。

 

全仏に向けて万全のコンディションで臨んでほしいです。

 

今年の全仏は楽しみです!

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

19歳アルカラスがナダルとジョコを撃破

アルカラス。

やっくれました。

 

マドリードOPでナダルジョコビッチを続けて撃破です。

 

同大会でこの2人にBig4以外が勝つって、ちょっと記憶にないです。

しかもクレーでナダルに勝つこはとても大きい。

ナダルは怪我から復帰したばかりといえども。

 

2年前から注目してました。

tennisboy.hatenablog.com

 

全てがすば抜けてるんですよ。

テニス選手以前にアスリートとして。

 

見た瞬間、モノが違うなってやつ。

サッカーでいうならクリスティアーノ・ロナウド

野球なら大谷。

 

よくナダル2世と言われてますが、パワーゴリ押しのナダルのプレースタイルとは違う。

コートを前後左右、隅から隅まで使ってのプレーは、とても魅力的。

見てて、あっと言わせてくれて、楽しませてくれます。

 

次の決勝はズブレフ。

疲れも溜まってるだろうからあまり無理はしてほしくない。

 

でも優勝がみたい。

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

お母さんの関わり方って

コメントで息子さん(反抗期の高校生)と母(ご自身)の関わり方について悩まれている方がいました。

リクエストを頂きましたので、うちの場合について少しご紹介します。

 

レゴママは、基本テニスにノータッチです。

クラブのこと、試合のこと、すべて私がやっています。

 

レゴママは別に息子に非協力的ということではありません。

レゴが競技ジュニアテニスに進む時に家族で決めたことがありました。

 

息子(レゴ)のテニスはパパ。

娘(レゴ妹)のピアノはママ。

面倒を見る担当をきっぱり分けました。

これには背景があるのですが、ここでは割愛します。

 

なのでママは試合の帯同をしたことがほぼありません。

小学生の時に、近所の草トーを数回くらい。

以前、レゴは友達から、お母さんいないの?って聞かれたことがあるそうです(笑)

大部分の子はお母さんがあれこれやってますしね。

でもこれが我が家の流儀です。

その分、ママは娘のピアノに全力です。

 

じゃあ、ママはレゴのテニスに全く関与していないのか?

そんなことはありません。

 

ママの重大な役割はレゴの体作りのサポートをすることです。

特に食事。

アスリートのためのメニューを調べて料理を作ってくれています。

試合の前の日とか朝とかも体力が持つメニューとか。

帯同しない分、そういうところに時間を使うことができるようです。

 

もうひとつ重要な役割。

それは練習や試合の話を聞くこと。

ママはテニスよくわかっていません(笑)

なので、勝っても負けてもレゴが話をしやすいようです。

負けた時とか、私と話なんてしようとしないですからね。

特に今は思春期(反抗期)ですし。

私もダメ出しばかりしてしまうし。

ママに話をすることで、レゴのストレスも軽減できているのかなと。

 

ということで、お子さんのテニスをしっかり見ているお母さん方には、あまり参考にならないと思います。

ちょっと特殊な我が家です。

逆にレゴママは、試合に一緒に行って応援しているお母さん方は尊敬しているとよく言っています。

休日の早朝から試合に一緒に行くなんて私には絶対無理だと。

 

お子さんはお母さんのサポートのありがたみをきっとよくわかっていると思います。

でも反抗期などで気持ちと態度が違ってしまう。

そういう時期もあります。

うちは全部私が担当している分、父親の方にレゴからのあたりが強くなっています(笑)

 

 

がんばれジュニアのお母さん!

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

5年ぶりのマレー対ジョコ戦の結果は?

マレーとジョコビッチの5年ぶりの対戦

 

tennisboy.hatenablog.com

 

なんと

 

マレー、食中毒で棄権!

 

スペインでなに食べたんだー

 

楽しみにしてたのになあ

 

残念!

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

マレーとジョコが5年ぶりに対戦

相次ぐ怪我で一時は引退寸前までいったアンディ・マレー

 

去年、復帰してからランキングは200位近くまで落とすも、その後ジワジワと上昇。

ランキングを70位台までもってきた。

 

今開催されているマドリード・マスターズでは、復帰したばかりのティーム、そしてシードのシャポバロフに勝ち3回戦進出。

 

34歳で大怪我を乗り越えてきたマレーを見てると、テニスってメンタルなんだなーって思い知らされる。

 

次はジョコビッチ

 

5年ぶりの対戦だそうです。

 

ジョコはまだ調子が上がってないし、面白い試合になりそう。

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

やっぱり

ブログを休止してから1か月。

 

うーん、やっぱりブログ書けないと寂しいものですね。

 

このブログが生活の一部になっていたんだと再認識。

 

 

ということで、またちょこちょこ更新していきたいと思います。

 

もはや辞める辞める詐欺ですな。

 

読者の皆様、何度もお騒がせしてすいません。

 

 

ブログタイトルを変えました!

 

 

気楽につらつら書きます。

 

テニスに関係のない記事も増えると思います。

 

 

ゆるーくお付き合いください。

 

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


テニスランキング

区切り

この投稿をもちまして、ブログに一旦区切りをつけたいと思います。

 

カウントダウンのハッシュタグでは終了としていましたが、今回は区切りとさせてください。

 

ブログを書ききった感があります。

 

今現在、皆様にお伝えしたかったことや自分の考えていることをすべて書くことができました。

 

完全に自己満足ですけどね。

 

 

以前のように閉鎖はしません。

 

また書きたいことができて、突然再開するかもしれませんし(笑)

 

それと、少しでもこのブログが皆様のお役に立てているということが分かりましたので、このままにしておこうと思います。

 

保護者の方のお悩みを少しでも減らすことができれば幸いです。

 

 

当面はブログから離れ、レゴのテニスを楽しみたいと思います。

 

 

ありがとうございました!

 

 

皆様とお子様がジュニアテニスを楽しく続けられることを願っております。

レゴへ

君はこのブログを読んだことがあるかな?

お父さんがブログをやっていることは知っていると思うけど、ブログ名やアカウント名は教えたことはなかったね。

 

もしかしたらもう読んでいるかもしれない。

今読んだことがなくても、いつか見つけて読むかもしれない。

友達から「これお前のことじゃね?」って教えられるかもしれない。

見つけないままかもしれない。

君が大人になった時、お酒でも飲みながらどうだったか楽しく話しましょう。

 

君のテニスを通じてブログを書き、多くの方に読んでもらえたことはとても幸せでした。

君がテニスを続けてくれたことにとても感謝しています。

 

ありがとう。

 

このブログはこれまで100万回以上読まれています。

君はこのブログを通じて多くの方に応援してもらっていました。

試合に応援に来てくれた方もいました。

スポーツ選手として、とても幸せなことだと思います。

これからも応援してくれる方はいると思うので、それを励みに頑張ってください。

 

これまでの5年間、一緒にテニスに取り組んできたね。

嬉しい時もあったし、悔しい時もありました。

どちらかというと悔しい時の方が多かったと思う。

時には声を荒げて怒鳴ってしまったこともありました。

そんな時はいつも自分で後悔するのだけど、また次の日から練習に向かう君の姿に救われました。

自分から練習に行きたくないと言ったことは一度もなかったね。

当然テニスを辞めたいと言ったこともなかった。

君のテニスに対する情熱と姿勢はとても素晴らしいと思います。

これからもずっとそれを持ち続けてほしい。

 

お父さんは君の試合を観るのがいつも楽しみです。

試合中はヤキモキすることが多いけど(笑)

試合の前日はソワソワして仕事があまり手につかないことも多いです。

これからも楽しくスリリングな試合を見せてほしい。

それがお父さんのパワーにもなります。

 

君のお陰で観ることが好きなスポーツにテニスが加わりました。

お父さんもテニスをやってみるのもいいかもね。

君の練習に付き合ってきたので、ちょっとは打てるようになってるし。

理論はバッチリ(笑)

妹もテニスをやりたがっているから、家族みんなでテニスができると楽しいよね。

 

 

君は4月から高校生。

君の選んだ道を良かったと思えるか選ばなきゃよかったと思うかは自分次第です。

自分自身が強い意志を持たないと良い結果は出てきません。

強い意志を持てたら必ず良い結果は出てきます。

情熱を持って取り組めば、必ず君を支えてくれる人は増えていきます。

 

そして

テニスを楽しんでください。

きっと、もっともっと楽しめると思う。

練習も試合も。

楽しんだ分だけ、君の成長につながっていきます。

 

 

これからも家族みんなで応援していきます。

 

 

#終了まで1日

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ
にほんブログ村

ジュニアテニスランキング

ブログ

このブログを通じて色々な出会いがありました。

 

実際にお会いした方

お会いできなかったけどメールやLINEでやり取りさせていただいた方

コメントを頂けた方

同じジュニアテニスブロガーの方

 

たくさんのアドバイスやご意見をもらうことができました。

 

レゴがジュニアテニスを続けていられるのはそのおかげでもあります。

 

ブログをやっていて良かったと本当に思います。

 

 

一方で、ブログをやっていることが苦しくなる時期もありました。

 

心許ないコメントを頂いたこともありました。

 

身バレが怖いということもありました。

 

突如閉鎖したこともあり、ブログを楽しみにしていただいている読者の皆様には大変申し訳なく思いました。

 

 

ブログの継続については色々と考えてきました。

 

その中で一番悩ましかったのは、私自身がプレッシャーを感じ、そのプレッシャーをレゴに転嫁してしまうことでした。

 

心のどこかで「ブログで偉そうなことを書いているのに、その息子は大したことないよね」という声が常に付きまとっていました。

誰かに言われたことは一度もありません。

勝手に自分で自分にプレッシャーをかけているだけです。

そういう性格なのでしょうね。

周囲からどう思われているかを気にしてしまう性格。

悲しいですが、ここは変えられない。

 

最近、それがレゴのテニスによくない影響を与えていると思うようになりました。

レゴも思春期を迎え、複雑な感情が入り混じるようになっています。

自分で考えていることも色々あるでしょう。

私の入る余地はとても小さくなっています。

少しひいて見ていこうと思います。

 

ブログをやっていると何か書かなくちゃって思って、どうしても悪いところや課題を探そうとしてしまいます。

良いところをブログで書けばいいじゃない?って思われる方もいるかと思います。

自分の性分なんでしょうね。

仕事柄ということもあるのかな。

どうしても粗探ししちゃうんです。

 

 

これからはレゴのテニスをもっと楽しみたいと思います。

シンプルに応援しようと思います。

 

そのために、ブログから一旦離れようと思います。

 

もうお気づきですよね(笑)

 

 

あと少しお付き合いいただけると幸いです。

 

 

#終了まで2日

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ
にほんブログ村

ジュニアテニスランキング

ジュニアテニスのすゝめ

ジュニアテニス

ここでは競技ジュニアテニスという意味で使います。

 

ネタを募集した時、これからジュニアテニスの世界にお子さんを入れようかどうか迷っている方数名から同じ質問を頂きました。

 

ジュニアテニスをレゴにやらせてよかったか?

 

 

まだジュニアテニスが終わっていないので結論は出せません。

 

ただ、現時点ではとてもよかったと思っています。

 

ここから書くことはレゴのことだけに限らず、色々なジュニア選手について見たり聞いたりしたことも含めています。

テニスの技術やフィジカルについては書くまでもないので割愛します。

普段の生活でジュニアテニスがどう活きてくるかという視点で書いていきたいと思います。

 

 

はっきり言ってジュニアテニスは子供にとって過酷です。

小学生の時から、友達と遊ぶ時間もなく、平日は夜遅くまで練習、休日は試合。

テニスはオフシーズンがないので、それを一年中です。

さらに夏休みや冬休み、さらにGWもですが、長期休みこそ大会がたくさん入ってくるので、ほとんど遊びなんていけません。

友達が家族旅行している中、ジュニアテニス家族は試合遠征が旅行みたいなものです。

 

こういう生活を送っていくわけですが、そこで身につくのが「我慢ができる」ことです。

自分の目標や将来の夢のため、様々な誘惑を我慢しながら、日々ひとつのことに取り組んでいくことができるようになります。

例えジュニアテニスを途中で辞めてしまっても、勉強や部活に必ず活かせると思います。

途中で辞めてしまったレゴの友達も、色々なところで活躍しています。

 

だた、親として心配になるのが友達関係ですよね。

学校の友達と遊ぶ時間がほとんどなくなります。

子供にとってはとてもつらいことです。

まだ小学校低学年はいいのです。

周りの友達の状況が見えるようになり、自分は違うのでは?と思うようになる小学校高学年から中学生にかけてこの問題が出てきます。

これが理由で辞めてしまう子も結構います。

 

ではレゴはどうしていたか?

学校の多くの子がレゴがジュニアテニスをやっていることを知っていました。

もちろん先生も。

それによって、放課後は友達と遊ぶことはできないというのが友達に認知されていました。

レゴの場合、幸いにもこれで仲間外れとかにされることは一切なかったです。

 

練習がない時は、友達と遊ぶことを優先にさせました。

練習がない日は、レゴママが、「今日は練習ないから一緒に遊べない?」と友達に積極的に声かけてみなよって言って学校に送り出していました。

その日は必ず誰かと遊んでいました。

数本ラケットを公園に持っていき、友達に貸してテニスしていたということもよくありました。

 

友達関係ということでいうと、テニスの友達ができたことが一番でしょうか。

多くのお子さんは学校の友達が中心になるでしょう。

ジュニアテニスをやっていると、クラブの友達は当然なのですが、試合で会う他のクラブの友達もできるようになります。

レゴはどちらかというと、テニスの友達の方が多いです。

中学生になるとみんなスマホを持ち始めますので、LINEでテニス友達ネットワークができてきます。

 

これによって、学校の生活圏以外に、もうひとつテニスの生活圏ができるようになります。

子供はどうしても学校生活がすべてになりがちです。

そうすると視野や思考が狭くなってしまいがちになります。

しかし、テニス生活圏ができることで、その分視野も広くなりますし、学校では受けないような刺激ももらえます。

人間としての成長にとてもプラスになると思うのです。

 

クラブでよいところは、様々な年代の子供がいることです。

同い年、年上、年下。

一緒に練習することも多いです。

合宿や遠征では、一緒に食事をし、寝泊りします。

それぞれの接し方というのも自然に身についてきます。

 

また、クラブには多くの大人もいます。

コーチや保護者だけではなく、スクール生や会員さん。

そういう方々に対し、しっかり挨拶するということを教えるクラブが多いです。

そのため、小学生のうちからしっかり挨拶ができるようになります。

レゴも自然に挨拶できるようになり、ご近所さんからも褒められることが多かったです。

 

最後に、これはレゴがこうなってくれたらいいなーという希望です。

テニスは個のスポーツです。

試合中、頼れるのは自分一人だけです。

誰からのアドバイスも受けることができません。

自分で状況を分析し、最善の策を講じていくことが勝利につながります。

 

今後、人生において、様々な困難な場面に出くわすと思います。

そうした時のために、自己問題解決力をテニスを通じて身につけてほしいと思っています。

 

 

この他にもジュニアテニスの効果は色々あると思います。

既にお子さんがジュニアテニスをされている保護者の方は、普段の生活での変化を見つけてあげるといいかもしれません。

 

 

#終了まで3日

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ
にほんブログ村

ジュニアテニスランキング

暖かいメッセージ

ここ数日、読者の方々から暖かいメッセージを頂いています。

 

コメント非公開というかたちでわざわざメッセージを書いていただいています。

しかもどれも長文。

 

ありがとうございます!

 

読者のお子さんのジュニアテニスに、このブログが少しでもお役に立てていることがとても嬉しいです。

 

中にはレゴと対戦したことのあるご子息のお父様もいらっしゃいました。

とても強く、何度か対戦しましたがレゴはほぼ負けていたと思います。

また、どこかの大会でお会いできることを楽しみにしています。

 

お嬢さんが県ジュニアで優勝したという方もいました。

おめでとうございます!

このブログを参考にしていただけたようです。

こういうのがとても嬉しいですし、ブログをやっていてよかったーと思うのです。

 

タイラーママさんからはブログを通じてお礼参り(?)されました。

tylertennis.hatenablog.com

 

タイラーちゃんも調子が上向いてきたようですし、今年は良い結果が残せることを期待しています。

 

 

以前、ブログを一旦辞めたと時も、多くの読者様から暖かいメッセージをいただきました。

ネタを募集してた時も、ネタだけではなく嬉しいコメントを付け加えてくれた方が多くいらっしゃいました。

 

ただ、頂戴したネタはすべてブログでお答えすることができませんでした。

この点は本当にお詫び申し上げます。

 

 

本当は皆さんと直接お話をしたかったです。

今の時代、アプリとかを使えばすぐに実現できたでしょう。

でも、どこか躊躇する自分がいました。

理由は色々ありますが、レゴが現役の間はしないでおこうと。

 

レゴがジュニアを卒業した時、もし機会があればオフ会なんかもいいかもしれませんね

同じくジュニアを卒業した保護者の方とは思い出話ができますし、まだジュニア現役中の保護者の方には経験したことをお話できるかもしれません。

きっと楽しいでしょうね♪

 

 

皆様もう少しお付き合いいただければ幸いです

 

 

#終了まで4日

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ
にほんブログ村

ジュニアテニスランキング

 

 

 

 

親の関わり方

親の熱量が子供の熱量を上回ってしまった時、子供はテニスから気持ちが離れていく

 

これは自分への戒めとして常に心の中に留めていることです。

 

正直、自分の熱量がレゴの熱量を上回った時は何度もあったと思います。

そういう時、全くと言っていいほどいい結果は得られませんでした。

それはほとんどが小学生から中1にかけてだと思います。

幸いにもレゴはテニスを辞めると言ったことはありませんでしたが、精神的に追い込まれていたこともあったと思います。

 

残念ながら、辞めていった子もいました。

親が常にコートに張り付くように見ていて(もはや監視)、試合後はお説教。

プレッシャーで学校にも通えなくなってしまう子もいました。

逆に期待に応えようと頑張りすぎて怪我をしてしまい、競技テニスはできなくなってしまう子もいました。

いずれも才能あふれるお子さんでした。

 

ジュニアテニスは親の関わり方がとても重要です。

親が関わらず勝手に強くなるということはほとんどありません。

ただ、難しいのは親がどこまで関わっていくか。

子供の性格にもよりますし、年齢にお応じても変わってくるでしょう。

正解はないと思います。

 

最近わかってきたことがあります。

それは、子供を信頼するということの大切さ。

 

親の熱量が子供を上回ってしまうひとつの原因は、子供を信頼できてないからなのではということを思うようになりました。

親としては不安だから、あーだこーだ言ってしまう。

 

ちゃんと集中して練習してないのでは?

 

何も考えないので試合をしているのでは?

 

これって子供を信頼していないということになるのでは。

 

子供はそれを敏感に感じ取ってしまう。

自分は一生懸命やっているのに、親はいつまでも認めてくれない、と。

これが積み重なっていくと、子供のテニスに対する気持ちが離れていってしまうのかもしれません。

 

強い選手の親御さんを見ていると、どっしり構えていたり、一歩引いて見ていたりしています。

もしかしたら強いからそういう余裕も生まれるかもしれませんが、言動にお子さんを信頼しているなという感じが出ています。

 

お子さんが全国常連のママさんがいます。

レゴが小学生の時から話をさせてもらったりしています。

とても穏やかな方です。

ただ、テニスのルールへの理解が微妙だったりするんです(笑)

このママさん、お子さんに対して絶大な信頼を持たれています。

お子さんがいかにテニスに打ち込める環境を作ってあげれるかということを中心に考えていらしゃいます。

テニスの細かいことは、お子さんとコーチを信頼して任せていらっしゃいます。

まさに子供、コーチ、親の理想的な関係だと思っています。

だからこそ、いつも楽しくプレーしていて、そして強いテニスができるのでしょう。

 

じゃあ、親が口出しばかりすると強くならないのか?

それも違います。

親ががっつりついて強くなっているお子さんもいます。

ここは親のテニスの経験やスキルが関係するところだと思います。

極端な話、親がテニスコーチであれば、つきっきりでやった方が強くなるでしょう。

 

 

繰り返しになりますが、正解はないのだと思います。

世界のトッププロを見ても、親の関わり方は様々です。

イリアムス姉妹のように、テニス未経験者の父が世界最強のテニス姉妹を育てたという例もあります。

 

はっきり言えることは、テニスをするのは親ではなく子供だということです。

それをしっかり認識し(簡単なようで難しい)、子供の性格や練習環境を考慮しながら、最適な解を見つけていくことが親の重要な任務なのではないかなと思います。

 

 

これにもっとも早く気づけばよかったなと、とても後悔しています。

今回は自戒の意味も込めて文字に残しておきたかっのです。

 

レゴのジュニアテニス期間も残り少なくなりましたが、レゴがテニスに打ち込める環境だけはしっかり作ってあげたいと思います。

 

 

#終了まで5日

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへ
にほんブログ村

ジュニアテニスランキング